ホーム > 全国室内スキー場 室内ゲレンデ 一覧


全国室内スキー場 室内ゲレンデ 一覧

2011年夏現在 日本全国にある室内スキー場で営業しているのは5ヶ所です。
カムイみさか(山梨)       
スノーヴァ新横浜(神奈川)     
スノーヴァ溝口(神奈川)
スノーヴァ羽島(岐阜)
ACROSS重信(愛媛)※2012年閉鎖

狭山室内スキー場(埼玉) ※冬季のみ営業

と書きましたが、2012年1月31日をもって「アクロス重信」が閉鎖となしました。
スノーボード人口の減少により経営が非常に厳しく、残念な結果となってしまった様です。

●閉鎖してしまった室内ゲレンデ(屋内スキー場)とその時期●
カムイ龍ヶ崎(茨城) 2010年頃
ビッグエアー福岡(福岡) 2009年頃
スノーヴァ広島(広島) 2006年頃
スノーヴァ神戸(兵庫)       2005年頃
スノーヴァ香椎(福岡)       2005年頃
多摩カムイ(東京) 2004年頃
スノーヴァダイゴ(京都)  2003年頃
スノーヴァ足利(栃木)       2002年頃
ららぽーとスキードームザウス(千葉)2002年頃
スキーイング津田沼(千葉)     2002年頃
スノーヴァ東京(東京)       2001年頃
豊島園インドアスキー場(東京)   閉鎖(世界初の屋内ゲレンデ)


以前は上記のように現在の倍以上の室内ゲレンデが存在していましたが、 不況の煽りや、スキー人口の減少、地域再開発に伴い、減少傾向にあります。

各室内スキー場の内容について、説明します。
あくまでも、KTCで集めた、実際に行った感想や口コミを元にしてあります。
当日の詳細等については、直接お問い合わせの上お確かめ下さい。

スノーヴァ羽島

スノーヴァ羽島 キッカーサイズ
場所:岐阜県羽島市
アクセス:名神高速道路岐阜羽島ICより車で約5分
営業時間:8時~24時 (土日・平日等により1時間程度の差あり)

ゲレンデ全長:約60m
設置アイテム:約6mテーブルトップ(ジャンプ台)、スモール約2mジャンプ台、10mボックス、10mレール、4mボックス、2mウォール、サイドクヲーター、(※アイテムは季節によって多少の変化があります。ジャンプ台とボックスはこれまでの経験上必ず設置されています)

雪質はスノーヴァ特有のベトベトした雪質です。スノーヴァ溝口やスノーヴァ新横浜に比べると雪自体が綺麗です。汚れがつきにくいです。 スノーヴァ全般に言える事ですが、初心者が一人で行くと、多分場の雰囲気に負けてしまう感じがします。羽島は若干ローカル色が強い気がします。と言われていましたが、最近は誰もが遊べるゲレンデを目指して、そういった空気はほとんどなくなってきました。

と言っても、初めて室内スキー場へ来る人は、出来れば友達と、もっと良いのは滑りにきた事がある経験者と一緒に初めは行った方が安心して滑れる(飛べる?こすれる?)と思います☆一人でもぜんぜん問題ないですが。スノーボードをどれだけしたいかの気持ち次第。 管理人Kazumaは、昔から一人で全国室内スキー場の旅を慣行してます☆

2階に観客席があるので、心配な方は一度見学に行く事をおススメします。雰囲気がわかります。透明なガラスに変わりましたので、とっても見易くてGoodです。
特に最近2010年、2011年頃、小学生の子供や親が見学して、もちろんスキーヤーの方等も一緒に混じって楽しく練習している光景が多くなりました。
一覧
上手い人もたくさん来てるので、良い刺激になるかと思います☆

2011年8月 スノーヴァ羽島がリニューアルしました!!
詳しい内容、写真、感想等は、以下からどうぞ☆
2011年8月 スノーヴァ羽島 感想ブログ


スノーヴァ溝口

場所:神奈川県川崎市高津区
アクセス(車):東名高速 東名川崎ICより約20分
アクセス(電車):JR南武線 津田山駅 下車徒歩約3分
営業時間:平日12時~23時 土日祝日9時~21時

ゲレンデ全長:約60m
設置アイテム:約6mキッカー(ジャンプ台)、スモールサイズ約3mテーブルトップ、ハーフパイプ、、(※アイテムは季節によってかなり変化があります。時間帯によって、全面JIB等になっています。)

スノーヴァ溝口は、管理人Kazumaが大学生の頃に何度か通っていました。真夏なのに板持って電車に乗ってる自分を見て周りの人はどう思ったか。。まー異常者ですよね。。おそらく一般的には。
ここはハーフパイプがあるんですけど鬼固い。。カッチコチ。。間違えてこけようもんならオシリが割れます☆もちろんケツパッドつけてるのに!

キッカーはかなりアップ形状です。
バックフリップは簡単回ってきますが、逆にフロントフリップおもいっきり引っ掛けないと、背中ORケツ落ちします。というより、しました・・・
普通のBackside回転とFrontside回転のヒール抜きはやり易いです。 ただし、キッカー形状が、初めての人の場合厳つく感じると思いますので、慣れが必要だと思いますが。。

雪はあんまり綺麗ではないので、新品ウェアーは止めといた方が良いと思います。
汚れます。
スノーヴァ系統で滑る際は、冬用のフローブではなく、ビニールの軍手をお勧めします。 自分は溝口で売られている、「溝軍手」を使っていました。
もしくは、春用の薄い生地のグローブが良いでしょう。
そうそう、ここでひとつ、室内ゲレンデにゴーグルは不要です。眩しくないですので
スノーヴァ溝口 オフトレ スノーヴァ溝の口 室内ゲレンデ

スノーヴァ新横浜

場所:神奈川県横浜市
アクセス(車):首都高速横羽線 汐入ICより約20分
アクセス(電車):電車の駅は近くにありません。新横浜駅等からバスを利用する事で辿り着けます。
営業時間:平日12時~23時 土曜9時30分~22時 日曜:9時半~21時 その他に1ヶ月フリーパス等あります

ゲレンデ全長:約60m
設置アイテム:約5mキッカー(ジャンプ台)、スモール約3mテーブルトップ、4mボックス、ハーフパイプ、、(※アイテムは季節によって多少の変化があります。ジャンプ台、ボックス、ハーフパイプはほぼ全ての期間で設置されていました。)また、時間帯によりレールやボックスが増設されます。

摺りアイテムも曜日によって似たりよったりってとこでしょうか。
キッカーサイズは、スノーヴァ溝口と同様です。隣に壁が迫っているので、圧迫感があります。上に飛びあがって、すぐに真下へどーーーん!!って言う感じです。キッカーサイズ的にはあまり大きくないのですが。。
管理人Kazumaが数年前に行った際には必ずと言っていいほど「アンドゥー」が練習しているのを見かけました。ここ1,2年行ってないので、雰囲気が詳しく分かりません。ただ、あのカチコチパイプでぶっ飛んでる人達の気が知れませんね。。コケたら痛すぎます。 雪質はスノーヴァ系のねちっこい雪質です。
スノーヴァ新横浜 全国室内スキー場 一覧

アクロス重信

場所:愛媛県東温市
アクセス(車):
営業時間:平日時 土曜時 日曜:時 その他に1ヶ月、3ヶ月フリーパス等あります

ゲレンデ全長:約100m
設置アイテム:ハーフパイプ、キッカー1、キッカー2、ボックス、レール等
愛媛県が誇る、2011年現在日本最大サマーシーズン室内スキー場!
100mのパイプをはじめ、キッカー、Rail、Box、滑走エリア(広い)と全てが楽しめる。雪質も良好で、普通の水を使って雪を作っているらしい。
キッカーは大きめで良いのだが、リップが凍りやすく怖い。他のスノーヴァ等よりも凍っている。
そして、ここはゲレンデが大きい為、一発跳ぶのに時間がかかる。
下まで滑って上って来るのに、他の室内に比べて倍の時間を要する。。
着地の後左側は壁になっているので、レギュラーのFront方向の横っ飛びは危険!!突っ込んで怪我しちゃいます。。
この室内ゲレンデは何がすごいかって、普通にフリーランできるエリアが広い。グラトリも余裕で出来ます。
他の室内と比べると唯一ここだけが、初心者どうしできてワイワイ雪と戯れられると自分は思う。なんで、初心者~上級者まで楽しめる最高の室内ゲレンデだと思いますね。ただ、値段がちょっと高いのが難点です。。
オリンピックスノーボード ハーフパイプ代表の青野選手等、このゲレンデでずっと練習してきたそうです。これからもワールドクラスのスノーボーダーを排出してもらいたいですね☆
外には、スケボー用のパーク等も設置されていて、楽しめます。 見学も観客席から自由にできました。 また、中に軽食屋が入っていたので、ご飯も食べれましたね。
1階にはスノーボードショップもあり、総合的に楽しめる施設ですね!
アクロス重信 キッカー 愛媛県 室内スキー場

かむい御坂

場所:山梨県三坂町
アクセス(車):中央高速 一宮御坂より
営業時間:平日時 土曜時 日曜:時

ゲレンデ全長:約100m?ぐらいだったか?
設置アイテム:ハーフパイプ、キッカー、ボックス等

ここはパイプを飛ぶ人のレベルが高いです。
しかも整備もしっかりしているので、夏場でも最高の環境でハーフパイプの練習ができます。
ただ、どうしても室内ゲレンデなので、飛んだ際の壁の圧迫感等は隠し切れません。


狭山室内スキー場(埼玉)

冬場に営業する室内スキー場です。夏場はやってません。都心から近いので、簡単に行って滑れるのがよいのでしょう。シーズンイン前の足慣らしにでも。 また、この室内ゲレンデは他の室内と比べ、常にパーク設備がある訳ではありませんので、一般的な滑りをするスキーヤーなどにも向いていると思います。


ビッグエアー福岡(福岡) 2009年頃閉鎖

地域開発の煽りを受けて、廃業となってしまいました。とても残念です。これで九州地区の室内スキー場は0になりました。。
以下、まだ楽しめた時の感想です。

キッカーがでかい!飛びやすい!あのキッカーサイズで一年中練習すれば相当上手くなるのでは。しかし、ここの難点は、キッカー待ちの際に、背後から寒気を喰らうので、テンションが下がってしまう事にあります。バインを付けてるすぐ1m後ろから超冷風がくるんです。これには参りましたね。。それと非常に残念だったのが、雪。。自分が行った事がある中で、最も汚かった。。1回行っただけで板の裏は真っ黒くろ!!
それと駐車場から歩くのがちょっと遠いですね。市営駐車場?だったかな。。別の場所の立体駐車場にいれないと行けないので、初めは迷って施設の周りを2周ぐらいしてしまいました^_^;
しかし、スノーボードのパークを夏場でも一生懸命練習したい人には最高のゲレンデではないでしょうか?私個人的には<ビックエア福岡>が一番楽しめて良かったと思います。
ビッグエア福岡 室内スキー場 九州 屋内ゲレンデ

多摩カムイ(東京) 2004年頃閉鎖

今は無き室内ゲレンデ、東京都町田市近郊にあった。。

当時大学から近かった為、何度か足を運んだ事がある。
左側にBigキッカーとSmallキッカー。右側が擦りメインのゲレンデがあった。キッカーサイズはそれなりにあったと思う。
無くなってしまって本当に残念。。平日はガラガラと言うか、ほぼ人がいなかった。そのせいで、廃業になったのかと思う。
ここで、フロントサイド180を練習した記憶がある。
多摩カムイ 室内ゲレンデ キッカーサイズ

全国室内スキー場 室内ゲレンデ 動画